留学という名のモラトリアム

世界各国に現在留学している日本人留学生によって書かれたグループブログです。 世界各国の留学生活を更新していきますので、 留学を考えている学生の皆さん、ぜひ留学を身近に感じてみてください。 各国の留学について相談等ありましたら、その国の滞在メンバーアドバイスさせて頂きますので、気軽にコメント・メール下さい。

ホームページ;http://www.strikingly.com/sekai-ryugaku
留学先一覧 (一部抜粋)
【北アメリカ大陸】 (以下アメリカ) : SUNY New Paltz、カリフォルニア大学 デービス校、カーネギーメロン大学、オレゴン大学、ポートランド州立大学、オレンジコーストカレッジ、エドモンズコミュニティカレッジ、Marianapolis Preparatory School、ベルビュー大学 (カナダ) : マウントアリソン大学、Embassy (メキシコ) : Harmon hall
【南アメリカ大陸】 (ブラジル) : パラナ連邦大学、フルミネンセ連邦大学、Celin語学学校 (チリ):カトリック大学
【ヨーロッパ大陸】 (フランス) : Ecole Centrale、ENSAIT、Sciences Po、Ecole des Mines、Université Catholique de Lille、リヨン第三大学 (ドイツ) : ベルリン自由大学、アーヘン工科大学、WHU (スペイン) : ナバラ大学 (イングランド) : London School of Economics、マンチェスター大学、シェフィールド大学、サウサンプトン大学、キール大学、The English studio (スコットランド) : エディンバラ大学、セントアンドルーズ大学 (フィンランド) : オウル大学、タンペレ大学 (ポーランド) : ワルシャワ大学
【オセアニア大陸】 (オーストラリア) : シドニー大学、ニューサウスウェールズ大学、アデレート大学、Macquairie Institute (ニュージーランド) : カンターベリー大学
【アフリカ大陸】
【アジア大陸】 (中国) : 北京大学 (韓国) : 高麗大学、延世大学、釜山大学、梨花女子大学 (マレーシア) : マレーシア理科大学、マレーシアプトラ大学 (台湾) : 国立台湾大学
+その他:ワーキングホリデー(カフェ)、パン修行、日本の外国人留学生(東京大学、北海道大学) etc..

【現在留学されている or 留学予定の学生で、当ホームページのブロガーも募集しておりますので、興味を持たれた方、ぜひご連絡ください。】

こんにちは、ご無沙汰しています(・◇・)ゞ

なかなかブログのネタが思いつかず、とにかく遊んでいました。笑

今日なんか久しぶりのカラオケに行きましたよ〜




さて、本題ですが、先日こんな記事を見つけました。

出席率や発言は成績に関係ない!留学生目線で見る「イギリスでの大学の勉強」について。

イギリスのイーストアングリア大学のファウンデーションコース、そしてYear 1を終えられた的場さん。
記事では、イギリスの大学の成績評価、学生の実態などが具体的にわかりやすく書かれています。
これからイギリスに留学する人、留学を検討している人はぜひ読んでみてください。


そして、この記事を読んで、ある事実に対し、驚く方がいるかもしれません。

日本やアメリカの大学と違い、イギリスの大学では「出席率」「発言」など日々の授業が成績に入ることはありません。極端に言えば、学期中のエッセイなどの課題や学年末試験で点が取れれば授業に出る必要はないということです。レクチャー(大人数授業)では出欠はとらないので、とある授業では後期一回もレクチャーに出なかったというツワモノも…(私に言わせれば相当なお金の無駄)。



そういえば、わたしのファウンデーションコースも出席率や発言は一切カウントされなかったですね。
それに、成績評価もライティング重視の印象がありました。

たとえば、現代のイギリス社会を学ぶ科目(Contemporary Britain)では
エッセーが40%、プレゼンが20%、試験が40%という構成の成績評価です。

授業はレクチャーとセミナーの二種類で、セミナーではディスカッションをし、発言することを求められているのですが、上記の記事で書かれているように、発言は成績に入りません。

また、アカデミック英語のスキルを習得するための科目(English for Academic Studies)では、スピーキングのテストとリスニングのテストが各セメスターに1回づつありましたが、それ以外は全てエッセーと筆記試験での評価でした。

ほかの科目も、ほぼエッセーや筆記試験で評価されます。
やはり学部がそういう特徴なので、その準備コースであるファウンデーションでも同じような傾向が見られます。


日本やほかの国の大学のことを知らなかったので、出席点や発言点が加点されないのは当たり前だと思っていたので、私は逆にびっくりでした。

college-prep-laughing


でも、いくら成績評価に入らないとしても、やはりセミナーなどで発言するのは大切ですし、そのぶん難しいと思います。学部では、ディスカッションの相手はネイティブで英語力のハンディキャップもありますし、ネイティブ並みにしゃべれたとしても、アイディア力とクリティカルシンキングのスキルが問われます。

それに、個人的な経験から思うのは、自分の考えを誰かに伝えることで返ってくる批評やコメントを受けて自分のargument(意見)を見直したり、あとからそれをライティングにうまく取り入れたりすることができるので、発言は重要だと思います。

個人的には、発言もちょっとぐらい見てくれたっていいんじゃないのと思ったりもしますが、上記で紹介した記事を読むまで成績のつけ方に関して特に違和感を感じていませんでした。
むしろ今度の学部の科目のエッセイと試験で3:7の割合っていう試験重視の成績評価に怯えています。笑

私はこの夏休み中に、英語力キープだけじゃなくて、発言にもライティングにも重要なアイディアの引き出しを増やしていきたいですね。

では!

【追記】

Twitterで、私と同じようにイギリスの大学のファウンデーションにいてたフォロワーさんからこんなリプをいただきました。




ほかの大学のファウンデーションコースでは出席も評価対象になるようですので、一概には言えません。
また、このフォロワーさんのところはどうやら試験重視型みたいです。(私は試験がいちばん苦手なので、このタイプだったら撃沈してましたね...)




ツイッター.Facebookもやってます!更新通知になってます!
【フォロー&イイね】
お願いします!
ホームページ完成しました!

Twitter:sekai_ryuugaku
Facebook:http://www.facebook.com/ryuugaku.moratorium
HP:http://www.strikingly.com/sekai-ryugaku

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック